ブログトップ

  ロードバイクPROKU  

pkracing.exblog.jp

神戸市灘区大石東町6-6-1 阪神大石駅東へ徒歩3分高架下 TEL&FAX 078‐802-8725 E-mail: rb-proku@love.bbexcite.jp 

カーボンモノコックフレーム BBカット

自転車のカーボンモノコックフレームのボトムブラケット部分をカットしたものです。
b0225442_16415823.jpg

BB取り付け部分は、アルミのパイプ状。
穴は、ディレ-ラ-BBガイドを取り付けるネジ穴だけで、BB部には水は入らないようになってる。


b0225442_16482977.jpg

ダウンチューブのカット部分。
カーボンの肉厚も極端に厚くならず、シートチューブに抜けてる。
残留物も薄いビニール状の物(赤いのん)だけで、チクチクしないしわりと綺麗。
穴はチェーンステーの方には抜けてない。
奥の針金みたいに見えるのは、フロントディレイラ-のワイヤーのアウター。
ダウンチューブ部分の厚みは、サイドが1.6㎜。下の丸い部分が2.0㎜。


b0225442_17123562.jpg

チェーンステー側。
左右は繋がってる。
チェーンホイール側の肉厚が、厚い。
右側が小さく見えるが左側の切り口がBBよりの為、ほぼ同じ大きさでエエと思う。
右の厚み、上部4㎜ サイド3.5㎜ 下部2.0㎜
左の厚み、上部3㎜ サイド2.1㎜ 下部1.7㎜
力の掛かるのを計算して肉厚を変えているってことか?
カーボンシートの枚数考えて、厚みを変えながら、形も大きくしたり小さくしたり・・・
カーボンシートのグレードも関係するし~奥が深いぞ!
F1のモノコックは、強度があればエエんやけど、自転車はむずかしいちゃう!
カーボンフレームの完成形は、もう少し先のようだ。

ビニール状の残留物もあり。
この残留物の差が、フレーム重量がまちまちになる理由の一つだと思う。
カーボンシートの層が見えるが、枚数間違えたりしないのだろうか?(おねえちゃんの手作業って聞くし)
強度を別としたら内側のカーボンシートを減らせば、いくらでも軽く作れそうやね。
ちょっと怖いが、なかなかおもろい。
by proku-racing | 2011-05-21 18:25 | 自転車 | Comments(0)