ブログトップ

  ロードバイクPROKU  

pkracing.exblog.jp

神戸市灘区大石東町6-6-1 阪神大石駅東へ徒歩3分高架下 TEL&FAX 078‐802-8725 E-mail: rb-proku@love.bbexcite.jp 

カーボン接着フレーム BBカット

 自転車のカーボンラグにカーボンパイプを接着するタイプのフレームの、ボトムブラケット部分をカットしてみました。
b0225442_1426168.jpg

ネジを切っているシルバーに光ってる部分はアルミとすぐに解るのですが、
センターの黒い部分、どう見てもカーボンのようです。
少し削ってみましたが黒いままです。
凄い技術ですね~!
BBをセンター部カーボンで左右にアルミリング付けて作ってから、ネジ切りしてますわ(スゴイ!)


b0225442_1437407.jpg

ダウンチューブから覗いたところ。
接着剤が結構ベッタリ。カッチカッチやぞ!
真黒なのでカーボンが混ざってるエポキシのように思った。(考えすぎか?)
よく見ると、シートチューブを先に挿入してます。
後からダウンチューブを入れてます。順番が決まってるようだ。
シートチューブには、水抜きが無いので雨天走行後はひっくり返して、
水抜きする必要があるかもしれません。
モノコックと違って、カーボンパイプなので内面は非常に綺麗です。
ダウンチューブの厚みは、1.1~1.5㎜と一定の厚みではないです。
シートチューブの厚みは、1.06~1.6㎜でやっぱり一定ではないですね。
どうなんだろう?パイプの厚みがこれだけ色々あるのなら、
同じグレードのカーボンフレームでも一つ一つ乗り味が、変わってこないだろうか?
いろんな意味で、カーボンフレームは当たり外れがありそうだ。


b0225442_1571197.jpg

チェーンステー側・・・
ここで疑問が出てきた。
ビニールの残留物が残っている。(モノコック??)
中をライトを照らして覗いてみた・・
うぅ~~ん?接着剤が無い。
ということは・・このBBは、チェーンステー込み?(これまたビックリ!)
ラグ付きBBはチェーンステーも付いて作られるってことだろう・・ややこし~ぞ!
チェーンステーの厚みは、3㎜前後やっぱ厚く作ってあるわ。

b0225442_15332735.jpg

接着式とモノコックの写真。
接着式は、そこそこのグレード。
モノコックフレームは、グレードの下の方のモノだったので。
カーボン自体のきめ細かさの違いが良くわかる。

やっぱ、品質や技術の差が価格の差になることを実感したわ。
by proku-racing | 2011-05-22 16:20 | 自転車 | Comments(2)
Commented at 2011-05-23 22:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-05-24 11:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。