ブログトップ

  ロードバイクPROKU  

pkracing.exblog.jp

神戸市灘区大石東町6-6-1 阪神大石駅東へ徒歩3分高架下 TEL&FAX 078‐802-8725 E-mail: rb-proku@love.bbexcite.jp 

 珍しく早起きミルッチ。
朝食待ち。
b0225442_11311911.jpg

ねぇ、まだなん?
b0225442_1132457.jpg

ガッツク!!
b0225442_1133591.jpg

寝るわ。
b0225442_11335032.jpg

おまえは、ホンマ幸せもんやでぇ。
# by proku-racing | 2011-05-28 11:36 | スコティッシュフォールド猫 | Comments(0)
  廃品利用で、必要になった時に使えるモノを作ってます。
b0225442_15225149.jpg

ベアリングをキャッチしたり着けたり
Oリングの脱着
バネを引っ掛けたり
細い溝を綺麗にしたり
アイディア次第でめっちゃ使い道ありますョ。

これは、自家製歯石取り(笑)。。
b0225442_15395891.jpg

これを作ってから、歯医者で歯石取りしたこと無し。
カンタンに歯石が取れますわ。
歯科の先生に歯が傷んでるなどと言われないから、歯を削ること無く歯石だけ取れてるみたい。。

廃品の正体はコレ。。
b0225442_1547524.jpg

使い切ったワイパーゴムの板金具。
この板~ステンレス鋼の板バネでスグレモノやよ❣
ピアノ線みたいにバネ感有るし、硬い!
ニッパーでは切れにくいから、クリッパーがいるよ~ん(^^♪。。
# by proku-racing | 2011-05-27 16:33 | 自転車 | Comments(0)
 ディアドラ・レーシングソックス イタリア製
ワールドチャンピオンカラーのアルカンシェルが、エエ感じ。
b0225442_19411269.jpg

Sサイズ35~38(21.5~23.5㎝)
Mサイズ39~42(24.5~26.5㎝)
Lサイズ43~46(27.5~30.0㎝)

b0225442_1948422.jpg

 クールマックス素材で、これからの季節にピッタリ!!

member’s 1,520円


# by proku-racing | 2011-05-24 19:52 | 自転車 | Comments(0)
 クリンチャーのリムテープは、コットン(布)タイプがおすすめ。
ちゃんと貼れば、ニップル穴パンクは確実に防げるし耐久性もあるし、意外と軽量。
b0225442_1457434.jpg

一番上が、ゼファール布製テープ 2本セット。 売りもん。 
下2つは、ヴットリアの業務用。やけど、ほしい人いたら取寄せするよん(笑)

b0225442_152332.jpg

ゼファールが、幅17㎜
ビットリアが、幅16㎜と18㎜
ロードホイールには、これぐらいの幅のリムテープを使い分けるのが無難。
幅の狭いのんは、やめといた方がエエ。(ニップル穴地獄に引き込まれる)

リムに貼るまでに、前処理が必要なんよ。
b0225442_1511068.jpg

当店では、脱脂剤 ソフト99のシリコンオフを使用しています。(ホームセンター・オートショップで購入可)
これを、リムテープを貼る面に吹き付け、拭き取り、乾かせばOK! 下処理完了。
リムテープが、ピッタリ貼りつきますわ。
これによりタイヤ脱着時や、チューブの動きによってリムテープがずれたり、しわが寄るのを防げます。
ヴットリア・ゼファールなら1巻きで十分です。

厚み比較。
b0225442_15245880.jpg

ヴットリアは、0.7㎜


b0225442_15271497.jpg

ゼファールは、0.65㎜


参考にこれも。
b0225442_15285420.jpg

SCHWALBEb0225442_15305413.jpg
これは極薄で0.3㎜。
さすがに、これをロード用に使うには1巻きでは不安。
ロードには、19㎜幅を使います。
薄いので、グッと引っ張れば伸びて幅が狭くなり貼りやすい。
2巻きした方がエエ。




ゼファールリムテープ 2本セット ¥540
# by proku-racing | 2011-05-24 16:50 | 自転車 | Comments(0)
 自転車のカーボンラグにカーボンパイプを接着するタイプのフレームの、ボトムブラケット部分をカットしてみました。
b0225442_1426168.jpg

ネジを切っているシルバーに光ってる部分はアルミとすぐに解るのですが、
センターの黒い部分、どう見てもカーボンのようです。
少し削ってみましたが黒いままです。
凄い技術ですね~!
BBをセンター部カーボンで左右にアルミリング付けて作ってから、ネジ切りしてますわ(スゴイ!)


b0225442_1437407.jpg

ダウンチューブから覗いたところ。
接着剤が結構ベッタリ。カッチカッチやぞ!
真黒なのでカーボンが混ざってるエポキシのように思った。(考えすぎか?)
よく見ると、シートチューブを先に挿入してます。
後からダウンチューブを入れてます。順番が決まってるようだ。
シートチューブには、水抜きが無いので雨天走行後はひっくり返して、
水抜きする必要があるかもしれません。
モノコックと違って、カーボンパイプなので内面は非常に綺麗です。
ダウンチューブの厚みは、1.1~1.5㎜と一定の厚みではないです。
シートチューブの厚みは、1.06~1.6㎜でやっぱり一定ではないですね。
どうなんだろう?パイプの厚みがこれだけ色々あるのなら、
同じグレードのカーボンフレームでも一つ一つ乗り味が、変わってこないだろうか?
いろんな意味で、カーボンフレームは当たり外れがありそうだ。


b0225442_1571197.jpg

チェーンステー側・・・
ここで疑問が出てきた。
ビニールの残留物が残っている。(モノコック??)
中をライトを照らして覗いてみた・・
うぅ~~ん?接着剤が無い。
ということは・・このBBは、チェーンステー込み?(これまたビックリ!)
ラグ付きBBはチェーンステーも付いて作られるってことだろう・・ややこし~ぞ!
チェーンステーの厚みは、3㎜前後やっぱ厚く作ってあるわ。

b0225442_15332735.jpg

接着式とモノコックの写真。
接着式は、そこそこのグレード。
モノコックフレームは、グレードの下の方のモノだったので。
カーボン自体のきめ細かさの違いが良くわかる。

やっぱ、品質や技術の差が価格の差になることを実感したわ。
# by proku-racing | 2011-05-22 16:20 | 自転車 | Comments(2)